ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町(旧赤坂プリンスホテル)を現代的かつグローバルなイメージへリブランディング

株式会社プリンスホテル様
ビジネス上の課題

「赤プリ」の愛称で知られ、バブル時代にトレンディスポットとしても人気を博していた旧赤坂プリンスホテル。保有資産の活用再検討により惜しまれながらも営業を終了しました。 新館を取り壊した跡地に複合ビルを建設し「東京ガーデンテラス紀尾井町」として再開発。同施設にプリンスホテルの最高級ホテルブランドである「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」をオープンすることが決定しました。 この「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」のオープンに際し、消費者に根強く残る赤坂プリンスホテルのイメージから、現代的なグローバルなイメージへと刷新することが大きなミッションでした。

SiNCEのアプローチ

当社からは新たなイメージを発信するメディア戦略を提案。 以下3つのアプローチを実施しました。 1. ここにしかない体験(シーン)を切り取って伝えるオウンドメディアを構築し、目に見えない体験価値を外部に発信 ホテルのブランド価値はそのほとんどが体験によってもたらされるため、見た目の華やかさや豪華さはもちろん、その場に流れる空気感のような目に見えない体験を伝えるために、ホテルの中での特別な体験を一つひとつコンテンツ化し発信するオウンドメディアを構築。インターネット上でファンづくりを実施しました。 2.SNS含むメディアの企画、構築、運用支援を実施 オウンドメディアだけでなく、SNSを始めとするWEBメディア全体の戦略を指揮。赤坂プリンスホテルのイメージから「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」への転換を包括的に支援しました。 3.各チャネルでの戦略的なプロモーション 記者発表用プロモーションビデオ、マス媒体でのCM、各種広告、イベントなどをディレクション。オンオフ両面からの戦略的なプロモーションを実施しました。

結果

リブランディングの成功:赤坂プリンスホテルの格式はそのままに、現代的かつグローバルなイメージへの変革が実現 赤坂プリンスホテルの格式の高さは残しつつ、「赤プリ」のイメージから現代的かつグローバルなイメージへの変革が実現。国内のみならず、世界中のVIPをお迎えするにふさわしいラグジュアリーなホテルへと変貌を遂げました。 その後もオウンドメディアの運用などを通して新たなファンを獲得し、日本の伝統と外国の文化が交じり合う紀尾井町を代表するスポットとなっています。

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください