ブランド価値を最大化し、新規売上200%UP

シミとエリアに特化し多店舗展開を進めるエステサロン様
ビジネス上の課題

こちらのエステ様は、創業以来「シミ」に特化した施術を行ってきました。
創業約30年、のべ10万人の経験に裏打ちされたメソッドにより、県内No.1サロンとなっています。

これまで培ってきた多くの実績により大人気店である一方で、自社の強みである「シミ」の分野においては広告上、景表法、薬機法、医師法の縛りがあり、ブランドの価値表現が曖昧になっていました。そのためWEB上での集客が都市部以外でも主流となっていく中で、WEBでの集客がうまくいかない課題を抱えていました。

SiNCEのアプローチ

当社からは、改めてブランドの持つ最大の価値を広告上も問題のない形で言語化し、その価値を社内、社外に発信することでマーケティング効率を高めていくことを提案しました。

1. ブランドの真の価値を言語化。その価値が消費者に伝わるようにブランドコミュニケーション戦略を立案
現経営陣や現場で直接顧客と接する店長メンバー等に対し、ワークショップを実施。ブランドの持つ価値を徹底的に洗い出し、整理を行いました。その結果、当初考えていた価値よりもう一段深い、本質的な価値が判明。それが広告上問題のない形で消費者にダイレクトに伝わるよう、最適なコミュニケーション戦略を設計しました。

2. ターゲットの拡大
「シミ」の悩みは従来のターゲットである50代、60代から始まるのではなく、実は20代や30代でも高いことがリサーチで判明。ブランドの持つ価値も「シミに悩む全ての人」に提供可能なものであったため、ターゲットを30代以上に変更。広げたターゲットに適したブランドイメージへの変換を推進。

3. 店舗、自社化粧品などの設計やデザインを設定したブランドイメージに統一
ブランド価値の言語化と並行して、ブランドイメージを決定し、自社化粧品のパッケージや新店舗デザインを統一。ブランド価値が商品カラーやデザイン、店舗内装からも一貫してターゲットに伝わるように変更。

4. ブランドイメージを確立させるためのSNS運用戦略を設計/運用
ブランドを確立するため、ブランドの価値を外部に発信するコンテンツを作成し、SNSで発信。設定から運用までの一貫した支援を実施。

結果

マーケティング効率の向上:1ヶ月で新規顧客からの売り上げ200%UP

ブランド価値が明確にターゲットに伝わるようになり、マーケティング効率が大幅に向上。自社ブランドの価値で集客ができるようになることで、WEB広告開始1ヶ月で新規顧客からの売り上げ2倍を達成しました。

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください