ブランドポートフォリオ策定支援の結果、マーケティング効率UP

人気の某エステサロン様
ビジネス上の課題

こちらの企業様は、「豊かな人生を送りたいすべての女性のために」をモットーに、全国にフェイシャル、痩身、脱毛のサロンを展開されています。

3つのブランドがそれぞれマーケティングを行っていたことで、集客が効率化されていないという課題を抱えていました。 コロナにより急激に変化している消費者の嗜好や行動を踏まえ、世の中の変化に対応していくためにも、ブランドを再構築し、マーケティング効率を上げていく必要がありました。

SiNCEのアプローチ

ブランドポートフォリオ策定支援の結果、マーケティング効率が上昇

当社からは各ブランドのコアバリューを抽出した上で、既存の事業ポートフォリオを再整理。 各ブランドが持つ強みを活かし、経営資源を最大化。例えば、各ブランドを有効活用したアップセルプランとして、施術の途中から各ブランドのスタッフが交互に対応するオペレーションを構築。顧客の悩みをキャッチし、提案することで同社のブランド内で顧客が行き来するように。 広告集客が最も効果的な脱毛ブランドに集中して広告費を投下。抽出したコアバリューを元にした、より魅力が生きるようなLPを作成し、運用まで一貫して支援いたしました。

結果

同社の各ブランド内で顧客が行き来するようになり、顧客をよりコアなファン化することに成功。

顧客が同社ブランド内で行き来する仕組みを構築したことで、顧客をコアなファン化することに成功。各ブランドが連携する体制を構築したことで、マーケティング効率が大幅に改善しました。 広告費の投下を最も効率的に行い、ブランドのコアバリューに基づいたLPを構築、運用。

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください