トマトをネットで売るのは無理…から、ROAS600%を達成!

株式会社OSMIC様
ビジネス上の課題

株式会社OSMIC様は、アグリベンチャーとして先進的な事業を推進。OSMICソイルという高密度微生物有機培土を開発し、最新鋭のハウス栽培システムのもと、高糖度ミニトマトの栽培に成功しました。日本でも最高の糖度を誇るミニトマトとして数々の賞を受賞しています。

ミニトマトの販売は主に小売流通によるものでしたが、新型コロナウィルスの蔓延により小売業者への営業を行うのが難しい状況に。そこで新たな流通チャネルの開拓を模索していました。
株式会社OSMIC様は元々メーカーであったため、自社で売ろうにも売るノウハウやそれを回す体制が整っていないことが課題でした。

SiNCEのアプローチ

ターゲット選定ののち、需要にフォーカスしたLPを立ち上げ

広告代理店への問い合わせでは「5,000円のトマトなど売れない。売れたとしても20,000円はかかる」との回答で普通の広告運用では割りが合わない状態。 そこで私たちは商品自体の価値に着目。希少性や日本一のグランプリを獲得した特別なポイントを立たせるLPを立ち上げました。
また、広告運用においてもトマト好きではなく、ギフト需要にフォーカスすることで顧客一人が何セットもご購入くださる状況をつくりあげました。

結果

取り組み開始後すぐに目標ROASを大幅に上回る600%を達成しました。

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください