ビズリーチの平均スカウト返信率の2倍を達成!わずか2ヶ月で希望人材全員を獲得

売上10億円規模のコンサルティング会社様
ビジネス上の課題

こちらの企業様は、創業わずか一年ながら10億円近い売上をあげ、業績を急拡大しているコンサルティング会社様です。

拡大と共に案件数が急増し営業、制作、広告等、あらゆる部門で人材が急務な状況でしたが、抱えている社外/社内プロジェクトの難易度も高く、まだ数名の企業で知名度もなく資金にも制限がある状況下で、比較的高いスキルを持った即戦力人材が必要な状況でした。

SiNCEのアプローチ

当社は、ターゲットやそのターゲットのインサイトを徹底的に議論。その上でデータ分析項目(KPI)を設定し、日々アクションの結果データを更新。数値を見ながら改善アクションを数十回繰り返し企業情報や募集要項、スカウト文章、面談に至るまで短期間で最適化を行いました。

1. ターゲットの明確化とインサイトの抽出

ターゲットは誰なのかを専門スキルだけでなく、仕事へのスタンスやコアスキルを含めて明確化。ターゲットの持つインサイトまで仮説を立て設定しました。

2. ターゲットに合わせた媒体選定

明確にしたターゲットに対して、スピード、コスト、クオリティの面で最適な採用媒体の選定を実施。今回の採用スコープであればビズリーチが最適と判断。

3. インサイトに響く文章設計や会社説明資料

会社説明は候補者全体に響く文章とし、募集要項、スカウト文は職種ごとにインサイトを刺激する文章を作成。また、採用時に企業紹介で使う資料も作成し、候補者の入社意欲を掻き立てるコンテンツを設置。訴求力を向上。

4. インターン活用による自動化

工数負荷が高いが、型化すれば基本的には誰でも対応できるタスクに該当する「候補者選定」、「スカウト送信」、「面談設定(やり取り含む)」については、インターンの学生で実施できるスキームを構築。社内の工数負荷を圧倒的に削減し、採用以外の業務や面談や評価にのみ集中できる環境をセット。

5. データ分析で改善

応募率、スカウト返信率、面談率、面談通過率などを日々確認し、数値が低い部分には即改善策を実施の上、再度数値を確認することを繰り返し実施。最初は返信率が低かった職種も1週間〜2週間後には大きく改善。

結果

採用活動の成功:スカウト返信率が平均の約2倍で推移し。返信からの面談率も8割、内定承諾率は100%を実現。2ヶ月で候補者全員が入社

スカウト開始から数値改善を重ね、全期間合計で平均の約2倍の返信率を達成。WEB面談をうまく活用しスカウトからの面談率も8割をキープ。会社説明プレゼンの改善や、面談中にその面談の合否を出すことで、採用したい人材の2次面談率8割、内定承諾率100%を実現。開始から2ヶ月で全ポジションが入社し、採用活動における高い生産性を実現しました。

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください