既存システムなどの組み合せ、DXを実現。 集客効率の向上、売り上げの最大化に成功!

全国展開中のエステサロン様
ビジネス上の課題

こちらの企業様は美容と整体を掛け合わせ、業界初の美容に特化した骨格矯正術で新しいジャンルを確立。人気を博し、全国に店舗を拡大しています。 事業開始からホットペッパービューティーをメインに集客をしていましたが、事業の拡大と共に媒体に頼った集客に限界を感じ始めていました。

SiNCEのアプローチ

1.データの定義を実施。

例えば、来店率というワードを一つにしても、店舗側で捉えていることと、マーケティングを担当する側、とでは捉え方が異なっていました。こういったワードの定義を一つ一つ統一させて、共通理解できる状態を作りました。

2 既存システムなどを組み合わせることでDXを実現。

予約システム、顧客管理、物販管理、などの既存システム(SaaS)を組み合わせることでDXを実現。以前はデータを取ることができないものを使っていたが、自社でデータ分析ができるものを導入。所有していた個人データを新しい仕組みに導入し、店舗の人の稼働を軽減させ、コストカットにも成功しました。

3 集客効率の向上、売上の最大化に成功

以上をもとに、売り上げ、店舗スタッフのパフォーマンスが取れるようになり、 集客効率の向上はもちろん、各店舗の売り上げの最大化に成功しました

結果

データの定義を実施。既存システムなどの組み合わせを行い、DXを実現。 結果として、集客効率の向上、売り上げの最大化に成功。

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください