LINE広告の最適活用で、SNSやリスティング広告の半分以下のCPAを達成

株式会社OSMIC様
ビジネス上の課題

ビジネス上の課題 株式会社OSMIC様(以下、OSMIC社)は、最新鋭のハウス栽培システムのもと、高糖度ミニトマトの栽培し、EC上で直販するモデルを確立しています。 これまで主にSNSやリスティング広告で顧客を獲得していましたが、売上増加に伴い新たな集客チャネルを模索していました。

SiNCEのアプローチ

当社からは、OSMIC社がこれまで利用してこなかったLINE広告を提案し、運用効果を最大化する試みを実施しました。

運用のポイントは3点

1.媒体特性を活かしたターゲティング
国内のアクティブユーザー数8,600万人、幅広い年代に活用されているLINEの媒体特性を活かし、平均年齢50歳前後の顧客に対して商品を訴求することで顧客層を拡大

2.訴求力の高いTDとバナー
SNS、リスティング広告と同様、ターゲットに対して訴求力の高いLPを日々改善しながら提示。バナーは30以上効果検証し、常に最適なタイトルや文章を模索検討。CPAを最大限引き下げるアクションを繰り返し、LINE広告でもCAP効率の最大化に成功

3.広告データ集計と分析により配信設計を最適化
他媒体を含め、データを毎日集計し分析することで広告改善のスピードを高速で回転。日々の配信媒体の最適化により常に最適な状態で運用を実施

結果

LINE広告でSNSやリスティング広告の半分以下のCPAを達成
広告開始すぐにSNSやリスティング広告の半分以下のCPAを達成。新規チャネルの開拓に成功し、更なる売上向上に寄与しました。

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください