スタジアムDX 飲食店売上向上データ分析パックLooker版登場! 月額10万円から

2021.09.01

デジタルトランスフォーメーションやセールスグロース事業を展開する株式会社SiNCE(本社:東京都六本木、代表取締役社長:一筆太郎)は、月額10万円からご契約が可能なスタジアムDX 飲食店売上向上データ分析パック Looker版をリリースいたしました。

スタジアムDX 飲食店売上向上データ分析パック Looker版 概念図

<背景>

コロナ禍で観客動員数に制限がかかる現在の状況において、いかにスタジアム内の飲食店売上をあげるか、スタジアムでのお客様満足度をあげるにはどうしたらよいのか。を、データ分析し導き出すことが喫緊の課題でした。

そこで弊社ではすでに存在する複数のデータを統合し、今注目のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールであるLookerで分析・見える化ができ、さらにレポーティングまでをパッケージ化した、スタジアムDX 飲食店売上向上データ分析パック Looker版をリリースするに至りました。

<スタジアムDX 飲食店売上向上データ分析パック Looker版について>

本サービスでは、複数のデータを統合しデータ分析プラットフォームのLookerに連携・分析。その結果をダッシュボードでリアルタイムにビジュアライズ。管理者さまが知りたい“売上向上につながる指標“を表示します。
このサービスを導入することにより、効率的なデータ管理が実現し、高精度な需要予測を図ることが可能となります。

<データ示唆サンプル> ※フォーマット・数値はダミーです。

さらに、本サービスには毎月のレポーティングもセットとしており、売上向上に関する示唆が記載されます。データを読み解き、売上向上につなげるためのポイントをわかりやすくご提示します。
また今後データをお客様ご自身で読めるようになるためのフォローアップも行います。

<サービス価格>

初期費用:要お見積もり
月額費用:10万円〜(Looker利用料&レポート作成費含む)

<特徴>

1.スタジアム内の飲食店売上動向がリアルタイムでわかる
2.注目のツールLookerを導入
3.売上向上やファン満足度につながるポイントを明確化
4.既存ファンクラブ会員の流出兆候の把握(効果的なリテンション施策の実施)

<Lookerについて>

GoogleCloudが提供する、蓄積されたビッグデータを収集・分析・活用するためのツール。内部にデータを持たず、直接データウェアハウスに通信することで、データを常に最新の状態で分析することが可能。データガバナンスに優れており、データマネジメントに伴うリスクやコストを最小限に抑えます。

Lookerダッシュボードイメージ

本件に関するお問い合わせなどは、お気軽にご連絡くださいませ。
お問合せフォーム >>

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください