不動産業界の残業をゼロに!物件確認も内覧手配ももうしない。「Rev-Work 不動産版」が本日サービス開始!

2021.10.05

不動産業界の無駄な仕事を一切無くし、コストカットの実現と企業成長につながるコアな業務への集中を実現します。

AIデータ分析プラットフォームInnovelの導入を通じて、リアル店舗のDX支援や業績改善に向けたコンサルティングサービスを提供する株式会社SiNCE(本社:東京都六本木、代表取締役社長:一筆太郎)は、業務効率化が遅れていると言われる不動産業界向けに、全て丸投げで簡単導入ができ、しかも完全成果報酬型の業務生産性向上支援サービス「Rev-Work 不動産版」を本日リリース致しました。

サービスリリースの背景
変化のスピードが加速度的に早くなっている現代社会において、企業はいかに自動化や外部化によって個々の生産性を上げ、業務を効率化し、新しい価値を生み出すサービス開発や戦略策定などのコア業務へ取り組む時間を増やせるかが、企業成長の鍵となっています。

一方で特に不動産業界においては、以前からデジタル化や効率化の遅れによる非効率なタスクの多さが指摘され、それらを解決すべく各社様が様々な取り組みにチャレンジしています。しかし、業界全体のIT人材の少なさや、強い業界慣習等により、生産性向上に成功している企業はほとんどないのが現状です。

そこで弊社は、「不動産会社自身で業務効率化に取り組むこと」を無くすことで、これまで行き詰まっていた不動産業界の業務効率化を一気に進める事を考え、業務効率化を行うための3つのステップである、

  1. 現状の業務調査(棚卸し)
  2. 新業務フロー作成(BPR)
  3. 業務移管(TA化・RPA化・BPO化)※

の全ての業務を、これまで様々な企業様の業務効率化を実現してきた弊社が、完全成果報酬型で丸ごと請負わせていただく新サービスを開発致しました。

※略称の説明
TA=テレワークアシスタント(オンライン上で依頼できるアシスタント)
RPA=ロボティック・プロセス・オートメーション(人間がコンピューター上で行っている定型作業を、ロボットで自動化すること)
BPO=ビジネス・プロセス・アウトソーシング(企業運営上の業務やビジネスプロセスを専門企業に外部委託すること)

「Rev-Work 不動産」について

■特徴
本サービスは不動産業で時間を取られがちな以下のようなタスクを、弊社に業務内容をお伝えいただくだけで、新しい業務フローを構築(BPR)し、タスクを「SiNCE RPAサービス」で自動化したり、「SiNCE TAサービス」で外部化することで、社内から無くしていきます。

【SiNCE RPAサービスで自動化(一例)】
・物出し業務
・物件確認業務
・物件掲載コメント作成
・物件掲載業務
・帳票作成(収支報告、更新案内等)

【SiNCE TAサービスで外部化(一例)】
・鍵の手配業務
・事前審査業務
・重説、契約書作成
・物件調査
・広告添削
・売却査定金額の算出

■業務効率化イメージ(物件内覧手配)

また、ワンストップで弊社が自動化/外部化を進めるため、業務効率化プロジェクトで発生しがちな、

  • 現行業務で手一杯で業務の棚卸しが進まない
  • コンサルティング会社に依頼したが、実装まではしてくれず、結果的に自動化/外部化が定着していない
  • 効率化の仕方がわからず、途中でプロジェクトが進まなくなってしまった

等の課題を解決することが可能です。

■簡単導入ステップ

そして、完全成果報酬型のサービス(※1)であるため、もし業務が効率化しなかった場合はそれまでのコンサルティング費用は一切かからないため、効率化できる部分があるか現時点でよくわからない場合でも気軽に効率化を試してみることができます。

※1 別途、ツール利用料や外部委託費等がかかります

■Rev-Work 不動産版 サービス全体像

サービスご提供価格

<完全成果報酬型>

算出式

業務削減時間数 × 取り決め単価

※業務削減時間数=対象業務のうち、自動化/外部化等によって自社内から削減された時間
※取り決め単価については対象業務内容を確認の上、設定させていただきます
※別途、ツール利用料や外部委託費等がかかります

SHARE
PAGE TOP

ご相談ください